SSブログ

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「LGBT」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論、「アニメとジェンダー」など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などはお知らせブログにて

トロピカル~ジュプリキュアに見る新時代の「女子の仲たがい」描写 [メディア・家族・教育等とジェンダー]

変身少女ヒーローものジャンルのオピニオンリーダーとも言えるプリキュアシリーズ。
先月末に最終回を迎えた、その2021年度の作品『トロピカル~ジュ!プリキュア』についても、例年に違わず、評価ポイントが多々ありました。

まずは、前記事からお読みいただけると幸いです。

  → トロピカル~ジュプリキュアに見る新時代の「人魚の身体感覚」描写
  https://stream-tomorine3908.blog.ss-blog.jp/2022-02-02_TrPr-NewNingyo
◇◇

『トロピカル~ジュ!プリキュア』は、キュアサマーへの変身者である夏海まなつが、人魚のローラと出会うことから物語が始まるというあたりは、前記事で述べたとおりです。

同時にまなつは、入学した中学校で同級生となった、後にキュアコーラルへの変身者となる涼村さんごと仲良くなり、物語はさらなる動きへとつながっていきます。

で、そんなわけで夏海まなつと涼村さんごは中学1年生なのですが、次にキュアパパイアへの変身者として登場する一之瀬みのりは2年生でした。

こうして、ほどなく創設される部活「トロピカる部」のメンバーが揃っていくのですが、みのりは1学年上級生、いわば「みのり先輩」です(まなつやさんごからは「みのりん先輩」という愛称で呼ばれるようにもなっていました)。

そしてもうひとり、事前に公式情報として『トロピカル~ジュ』に登場するプリキュアが明らかになっていました。
それがキュアフラミンゴであり、変身者は滝沢あすか、学年は3年生。

したがって、やはりまなつたちからは、あるいはみのり先輩にとっても上級生です。
滝沢あすか登場~キュアフラミンゴ初変身を控えた第5話の放送が近づく頃には、ファンの間でも「あすか先輩」という呼び方が普及してたりしました。

あすか先輩……と言うと、つい『響け!ユーフォニアム』シリーズに登場する赤縁眼鏡のアノ人のことも思い出しちゃうねぇ」
「あぁ、声がキュアダイヤモンド/菱川六花と同じアノ人……」
「(…そういや菱川六花も赤縁の眼鏡をかけてるときあったなぁ)」
「([cv:寿美菜子]キャラって総じてエモいん;)」
「(「あすかお」はヤバいんだよなぁ……)」
「(「マナりつ」はハンパなかったなぁ……)」

第5話放送の前日、ネットの情報などを再確認しながら、ワタシは娘とそんなふうに軽いヲタ話を楽しんでいたりもしました。
そう、ほんの軽いネタのつもりで……。

 BL220203_TrPr-NewFric01.JPG
※アニメイトタイムズ 2021年3月27日記事[TVアニメ『トロピカル~ジュ!プリキュア』第5話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」の先行カット到着]を表示した画面.
当記事中その他の画像はトロピカル~ジュ!プリキュア放送画面から.引用要件に留意した上で貼付しています
◇◇

そして始まった『トロピカル~ジュ!プリキュア』第5話「先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!」。

開幕早々、ひょんなことから路上で昭和の番長マンガに出てくるような不良グループに絡まれて当惑する夏海まなつ。
そしてソコへさっそうと登場するのが、そう、「あすか先輩」こと滝沢あすか。

口汚く詰め寄ってくる不良グループに毅然と対峙したあすか先輩は、華麗な立ち回りで不良たちを一蹴。
かくして不良グループはほうほうのていで退散するのでした。

ぉおぉ~カッコイイ!

たまたま通りがかって見かけた不当なおこないを見逃せない。
曲がったことは見捨てておけない真っ直ぐな性格。
それこそ昭和の番長マンガの主人公のような「侠気のある」一匹狼であり、そのスタンスを裏打ちするくらいケンカも強い。

この短いシーンに、そうしたあすか先輩のキャラ付けが凝縮されています。

そんなあすか先輩の為人に感銘を受けたまなつはローラとともに、翌日の学校であすか先輩を、創設準備中の部活「トロピカる部」に(←この第5話の時点ではまだ部名は決まってませんが)、そして4人目のプリキュアにも勧誘します。

しかし、やはり一匹狼気質なのでしょうか、あすか先輩は、自分は誰ともつるむ気はないと言って、誘いを固辞するのでした。

………はい、このあたりまでの展開は、だいたい事前情報にあったとおりです。
おそらくは、この後いろいろあってキュアフラミンゴ誕生となるのでしょう。
視聴者はだいたいそう思って画面を見つめていました。


 BL220203_TrPr-NewFric02.JPG

と、そこへまなつを呼び止める声が。
生徒会長・白鳥百合子の登場です。
いかにも生徒会長な、知的でクールなキャラのようです
(シリーズ過去作だと、そういうキャラ、プリキュア変身者の中にいたりすることもわりとあるのですが………)。

曰く、提出された部活新設の申請書、部名は未定、活動内容も曖昧すぎる、コレでは受理できない。
たしかに画面に映っている書類の記入内容を見ると、その指摘にも一理あります。
ところが。
百合子会長は続けます。
今はもう部室として使用できる部屋は残っていない。なので新規部活はそもそも認められない。

それを耳にしたあすか先輩、思わず割って入ってしまいます。
部室用の部屋が用意できない状況を改善しないのは生徒会側の怠慢。
その責任を部活を作りたい側に転嫁して申請を却下するのは理不尽だ。
これは捨て置けない。
昨日と同様に持ち前の義侠心のスイッチが入りました。
「おい! それはオカシイだろう!?」

すると百合子会長、
「あら、何がオカシイの、滝沢……あすか、さん??」
意味ありげに微笑すると、そんなふうにわざとよそよそしくフルネーム呼びをして返答します。

……………ちょ、待……、え゛っ、ナンだ?? これっ!?

いかにもいわくありげです。
前後の細かい描写でも、百合子の登場に対しあすかが何やら複雑な表情を浮かべるカットをはじめ、2人の間に並々ならない因縁があることが示唆されます。

しかも、どことなく、この2人、かつては互いに引力で結ばれた特別な関係だったのが、何かのきっかけで行き違い、その後こじれまくって現在に至っている、そういう空気感を醸し出しているではありませんか。

ということは、さっきのいかにもわざとらしいフルネーム呼びは、かつては「あすか」「百合子」と親しく呼び合っていた過去の裏返し……。

いゃぃやいゃ、聞いてないですヨ、こんな展開!


 BL220203_TrPr-NewFric03.JPG

結局、その場は、あすか先輩がいろいろ啖呵を切った結果、百合子会長から部室用の場所が用意できたなら新部活の申請を認めてもよいという方向の原質を取ることになります。

つまるところ、コレがきっかけであすか先輩がまなつたちと行動を共にする流れができたわけですが、その直後の部室探しの過程では、あすか先輩には何やら「仲間」というものを信じられなくなる出来事が過去にあったのではないかということが示唆されます。
現在は一匹狼のような立ち位置なのも、仲間という存在への不信感から孤高を貫いているようにも見えてきます。

さらにはテニスコートの近くを通ったときに、そちらの方向に遠い目を向ける描写も。
仲間を信じられなくなるような出来事があったとすると、それがテニス部の? 活動に?? 関係しているということなのでしょうか。
そういえばキュアフラミンゴに変身した際の敵モンスターを浄化する決め技、いわゆる必殺技の技名も「ぶっとびフラミンゴスマッシュ」で、すなわち「スマッシュ」の名のとおりテニスにモチーフが取られているので、これも「あすか先輩はテニス経験者」説を補強しています。

で、そのテニス部での過去と百合子会長が密接につながっていると……。

う゛ーむむむ。
滝沢あすか×白鳥百合子
これはなかなかディープな百合です。

プリキュアで百合が見れるのはカツ丼にカツが載ってるようなもんですから驚愕には値しないとしても、この「あすゆり」は、ちょっと明後日の方角の斜め上からの攻撃です。
予期してなかったというか想定外というか意表を突かれたというか;

そして極めつけ、校内で偶然、あすかと向こうからやってきた百合子がすれ違うのですが、2人ともあえて目を合わせないようにしながら無言で行き違っていくのです。

いゃもぅ、このテイスト、完全に「原作:T田A乃」ぢゃないですかっ!

絶対この2人、互いが互いのことを大切に思って取った行動が、ふとしたはずみで裏目に出て、そこからフクザツな感情が入り混じる中でどんどんこじれていった、その系統に間違いないっスよ;

エモい、激エモですエモすぎるっ!

おお、なんということでしょう。
まさかの「あすか先輩」という言辞が、そういう空気感まで呼び込んでしまったということなのでしょうか!?

 BL220203_TrPr-NewFric04.JPG

そんなこんなで、夕刻、バイトから帰ってきた娘に、「今日のプリキュア、ヤバかったノ」旨を報告します。
「知ってる。タイムラインがめっちゃざわついてる…」
すでにスマートフォンで情報は察知済みのようです。
見れば「あすゆり」というカップリング表現も普及済み。
そして「あすゆり」の過去を妄想した二次創作絵もたくさんアップロードされています。
プリキュアファンのみなさん、仕事がはやい。
というか、やはりみなさん、妄想の基本線は、上述したようなセンで共通してますね、概ね。

なので、ワタシも自分の妄想を文字に起こしてみます。

中学1年生になったあすかは同じクラスで知り合った百合子と意気投合。
そしてあすかは百合子に誘われてテニス部に入部することになる。
百合子が誘ってくれたことを嬉しく思っていたあすか。
そうして2人はダブルスを組んで一緒に大会を目指そうと盛り上がる。
ところが当時のテニス部は先輩がヤル気がまったくなくグダグダ。
2人が説得するもラチはあかず……。
それでも2人は熱意を持ってテニスに取り組んでいたが、2年生の秋、突然あすかになんの相談もなく百合子が生徒会に立候補するためにと部活を辞めてしまう。
取り残されたあすかは裏切られた気分になってしまう。
しかしじつは百合子も、あすかへの複雑な思いを抱いていたのであった。

「………とか、どうかな?」
「部活、やる気ある1年生と、グタグタの上級生、って『響け!ユーフォニアム』からのパクりやん。一方が突然退部しちゃうとことかも」
「(バレたか;)」

いゃもうこの際なので、こんな感じの「あすゆり」メインのスピンオフ、大人向け劇場版アニメ『フラミンゴと白い鳥』が制作されてもイイのですよ、東映アニメーションさま?


 BL220203_TrPr-NewFric05.JPG

冗談はさておき、この滝沢あすか×白鳥百合子の因縁、翌週くらいには解決するのかと思いきや、なんと終盤まで引っ張られ、1年かけてちょっとずつ進んでいく形に。

なので、生徒会室で頑なにあすかと目を合わせようとしない百合子会長とか、ことあるごとにトロピカる部を敵視する百合子会長とか、そのあたりも、順次ていねいに描かれていくことになりました。
百合子会長、あすか先輩とは因縁があるものの、根は悪い人ではなく、生徒会長としての責務に真摯に向き合っていることがわかる描写も。

あと、修学旅行先に敵モンスターが来襲した回では、非常事態ということで、期せずして2人が協力して避難誘導などの対処をおこなったのですが、その際、本人たちも無意識のうちに「あすか」「百合子」と名前呼びになっていた(「戻って」いた)のは、なかなか尊かったですね。
普段はあんなに、ずっとツンケンしているのにノ

 BL220203_TrPr-NewFric06.JPG

で、まぁそんなわけなので、終盤までには、2人の間に何があったのかの真相も視聴者に明かされます。
ネタバレも考慮してそのあたりの詳述はここではしないでおきますが、テニス部でダブルスを組んでいた……あたりは事前に推量されていたとおりでしたし、トラブルの原因もまたあすか先輩の持ち前の正義感が発端だったり。
互いが互いのことを大切に思っての選択が、皮肉にも溝を深めてしまったという点も然り。

そうして、紆余曲折を経て、ようやく2人は和解。
無事に見事「あすか」「百合子」と呼び合う仲に戻ります。
並んで座って柔らかい表情で言葉を交わす2人からは、また新たな「夫婦感」が醸し出されるのでした。
めでたしめでたし。

 BL220203_TrPr-NewFric07.JPG


と、いうわけなのですが、さて、この「滝沢あすか×白鳥百合子」をめぐって展開されたプロット。
大枠としては「女子の仲たがい」に分類できるのかもしれません。

そしてその題材。
近年のフィクション作品、特にここ10年余りの日本のアニメ作品にあっては、だいたいこんな感じになっているのではないでしょうか。

だから『トロピカル~ジュ!プリキュア』での「あすゆり」は、その蓄積の果てに、前例の数々を活かしブラッシュアップして形にした最新の「令和クォリティ」だとも言えます。

思い返せば昭和のいにしえ、例えば小学館の学年誌に掲載されていた少女マンガだと、もうちょっと違っていました。
つまり、思い切り要約するなら、プリマドンナをめざす薄幸の主人公がトゥシューズに画鋲を入れられたりするアレですね。
そしてそこにある妬み、嫉み、僻み………。
男性への恋愛感情が絡んで、さらにそれにブーストがかかったりも;

そうした作劇が、たまたまそういう作品が掲載されがちだったのか、それとも往時の主流だったのか。
そこは精査を要するところではあります。

ともあれ、そうした描写が「女の友情は脆い」「女子の人間関係は陰湿」というような、偏ったステレオタイプを醸成してしまったというのもあるのではないでしょうか。

特に、男性社会においていまだにそういうイメージが強固な年代はありそうですが、その一因に、この昭和のいにしえに「小学館の学年誌に掲載されていた少女マンガ」における「女子の仲たがい」のパターンがあったのでは!? と、近年のワタシは仮説を立てていたりもします。

小学館の学年誌は、世の大半の雑誌が男女別にマーケティングされている中で、男女両方を対象に編集~販売されるという稀有な存在でしたから、掲載されるマンガ作品を含めて、読者各々が自身のものではないほうのジェンダー属性向けの情報に触れることができる貴重な機会でもあったことでしょう。
そうした機会は上手く活用すれば、人が男女で分断されている状況に対して、相互理解の推進などの効果を上げることも可能だったはずです。

ただ、奇しくも、掲載されていた少女マンガの描写が男の子読者に対して誤った認識を植え付けてしまうという副作用もあったのだとしたら、功罪相半ばしていたとも言えてきます。

いずれにせよ、発端は何であれ、「女の友情は脆い」「女子の人間関係は陰湿」という誤ったイメージが強固だった弊害は甚大だったことでしょう。
そのステレオタイプに従ったストーリー展開が新たなマンガその他のフィクション作品に取り入れられ、イメージが強化再生産されてしまうというサイクルも見逃せません。

じつはプリキュアシリーズの中でも、ワタシが『スイートプリキュア♪』をイマイチ苦手なのは、そのせいかもしれません。

あくまでも「個人の感想です」ですが、『スイートプリキュア♪』では、
「女子の人間関係は陰湿」なので、ささいなきっかけでギスギスするに違いない。
「女の友情は脆い」から、ちょっとしたことですぐ諍うだろう。
……どうも作り手はそんなふうに考えているのではないのかな?? と感じられてしまう展開が頻繁でした。

真相は不明ですが、今どきのプリキュアシリーズでは、それは絶対にやってはいけないことなのは確かです。


 BL220202_TrPr-NewNingyo05.JPG

ともあれ、そういう意味でも、「女子の仲たがい」描写がアップデートされてきたことは、好ましい傾向です。

プリキュアシリーズに限らず、プリパラ~プリチャン(などの「プリティシリーズ」。最新作は『ワッチャ プリマジ!』)やアイカツシリーズなど、他の女児向け商業展開で制作される作品群も、だいたい足並みは揃っている感じです。

深夜アニメにあっても傾向は同様です。
特に日常系と呼ばれるジャンルだと、女の子どうしが仲良くキャッハウフフしているのが定番ですが、それを多くの男性ファンが微笑ましく視聴しているという状況は、このように見てくると「隔世の感があります」とコメントしないわけにはいかないのではないですか?
もしもここから目を背けてこの事実をうっかり高く評価し損ねている「フェミニスト」がいたとしたら、それは大いなる損失であると言わざるを得ないでしょう。

◎ここまで言いそびれてきましたが、『トロピカル~ジュ!プリキュア』で主人公たちが創設した部活動「トロピカる部」、その活動内容はというと「今いちばん大事なことをする」部ということで、現実的な常識に照らして判断すると、なんだかよくわからない部活なわけです(作中で白鳥百合子生徒会長が申請を却下しようとしたのも、その意味では真っ当な判断でしょう)。
しかしこれも近年のアニメ作品をふり返ると珍しくなかったりします。
日常系アニメの代表格のひとつ『ゆるゆり』での「ごらく部」などは、廃部になった茶道部の部室を占拠して主人公らがまったり過ごすだけが活動だったりという典型例ですね。
あるいはプリキュアと同様に少女たちが変身して敵と戦うジャンルでも、筆者がちょうど昨秋に聖地巡礼の機会を得た『結城友奈は勇者である』における、主人公らの平常時における部活は「みんなのためになることを勇んで実行する」が活動内容である「勇者部」だったりします(じつはキュアコーラル/涼村さんご役を担当した声優の花守ゆみりは、この勇者部にも深く関わりがあると言えます)。
ロボットアニメながらプリキュア的なコンセプトが濃厚だった『輪廻のラグランジェ』における「ジャージ部」もほぼほぼ似たような存在で、他の部活の助っ人はもとより、地元地域で依頼に応じてボランティア活動的なことに勤しむ部活でした(キュアフラミンゴ/滝沢あすか役の声優・瀬戸麻沙美は、ズバリこちらではジャージ部部員のひとりという主要キャラを演じています)。
そして、これらの「主人公らが何やらよくわからない部を作って活動する」という設定の系譜をたどっていくと、ひとつ行き当たる重要な前例が『赤毛のアン』の物語部(「物語クラブ」の表記のほうが正式っぽいですが)なのではないでしょうか。
→ 赤毛のアンは早すぎた日常系百合アニメ
  https://stream-tomorine3908.blog.ss-blog.jp/2014-08-01_AnneLily
  → 続・赤毛のアンは早すぎた日常系百合アニメ
  https://stream-tomorine3908.blog.ss-blog.jp/2014-08-02_AnneLily-2
 …などもコレを踏まえて今一度 読み直してみるとよいかもしれません)
今日のさまざまなアニメ作品群に散らばるエッセンスに、じつは『赤毛のアン』のエートスがあるというのは、思いのほか意義深い見逃してはならないポイントかもしれません。
◇◇

そして、こうした文脈を経ると、やはり大きなエポックのひとつとして無視できないのが、そう、『響け!ユーフォニアム』シリーズですね。
武田綾乃による秀逸な原作小説と、そのポテンシャルを京都アニメーションが120%引き出して映像化されたアニメ版。
これが界隈に与えた影響は絶大でしょう。

あれだけ高校の吹奏楽部の活動をめぐって「女子の仲たがい」因子が満載で、妬み嫉み僻みも渦巻いていないわけではないのに、旧来の定石に回収されることなく、それらとキッチリ一線を画した仕上がりに落とし込んでいる、その技はまさに新時代を拓く感性の発露でした。

そのあたりは、アニメ1期の際にも、このブログの記事にしたのですが、そのときの「ある種のスポ根モノなのに、むしろプリキュアシリーズに近い」という論理展開を今ここで読み返すと、そんな『響け!ユーフォニアム』が、1周まわって今般『トロピカル~ジュ!プリキュア』というプリキュアシリーズに還流してきた、とも解せて、なかなかいみじくもありますね。

  → 響けユーフォニアムがエースをねらえよりむしろプリキュアに似てる件!?
  https://stream-tomorine3908.blog.ss-blog.jp/2015-07-09_eupho2015-eA
◇◇

と、いうような感じで『トロピカル~ジュ!プリキュア』、いろいろ言及ポイントがありましたが、総じて明るく楽しく、2021年度の私たちに力をくれるアニメだったことは疑いありません。

今年度はこの記事なども、ある種の濃い観点に絞って書いていますので、他にもいろいろ言うべき点を省いているのはご容赦いただくしかないのですが、そのあたり例によって(前記事と同様)kasumi さんによる[ねとらぼエンタ]での連載記事のほうなどをゼヒご覧ください。

  →“絶対悪”を描かなかった「トロピカル~ジュ!プリキュア」は1年間、何と戦ってきたのか?
 [サラリーマン、プリキュアを語る/ねとらぼエンタ]
  https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2201/27/news037.html
◇◇

個人的には最終回の、トロピカる部による演劇をめぐる展開とか泣けましたし、ラストの「そー来るかぁ!」というのも好きですね。

あと、まなつとさんごの担任[桜川 咲]先生は、もしや中盤でプリキュアになるのでは? と追加戦士候補の1人として目をつけていたりもしました。
全体として「季節は夏」を推してる中であえての「春」をモチーフにしたキュアプランタンとかイイじゃないですかノ
白鳥百合子さんのプリキュア化と同様に叶いませんでしたが;
(てゆかオープニングのタイトルバックで2人が意味深に並んで踊ってたりもしたのです)

それから、水族館の館長さんの過去も気になるところではありました。

……話はつきませんが、ともかくやっぱり、ありがとう、トロピカル~ジュプリキュア! ですね。
次回作『デリシャスパーティ プリキュア』も楽しみです。

 BL220203_TrPr-NewFric09.JPG

  


◇◇

◇◇



共通テーマ:アニメ

トロピカル~ジュプリキュアに見る新時代の「人魚の身体感覚」描写 [メディア・家族・教育等とジェンダー]

変身少女ヒーローものジャンルのオピニオンリーダーとも言えるアニメ、プリキュアシリーズ各作については、例年このブログでも何かしら言及しているわけですが、毎年さまざまな観点から高く評価できるポイントが尽きません

(さしあたり昨年度の分から遡っていってもらえればよいかと思います

  → ヒーリングっどプリキュア、ケアの倫理の意義のその先に踏み込む
  https://stream-tomorine3908.blog.ss-blog.jp/2021-02-23_HeaPre-Care )。

◇◇
そんなプリキュアシリーズ、2021年度の作品『トロピカル~ジュ!プリキュア』も、先月末にて最終回を迎えました。

海のある南国風の町を舞台に、1年を通して明るく朗らかな雰囲気で描かれたエピソード群は、2020年に始まる新型コロナウイルス感染症にいまだ苛まれた現実の社会状況の中で、ときに閉塞感に息が詰まっている子どもたち、そしてともに視聴する大人たちにとっても、ある種の救いとなるフィクション作品として、まさに求められる作風だったと言えます。

南の島から町に出てきたばかりの主人公・夏海まなつが、海の底の王国「グランオーシャン」の次期女王に認められるための試練としての使命を帯びてやってきた人魚・ローラと出会ったことをきっかけにプリキュア(本作における「センター」であるプリキュア、キュアサマー)に変身することになり、入学した中学校で出会った仲間たちとともに、ときに敵のたくらみと対峙しながら、創設した部活「トロピカる部」の活動として【今いちばん大事なことをする】を実践していくことをつうじて、自分たち自身が日々を大切にし、しこうして世界をよりよくしていく様子は、視聴者にとっても、この時勢のもとにあっても毎日を楽しく生きていくための、ひとつの指針となる物語だったと言えましょう。

まさに、ありがとう、トロピカル~ジュプリキュア! ですね。

  → 東映アニメーション「トロピカル~ジュ!プリキュア」公式サイト
  https://www.toei-anim.co.jp/tv/tropical-rouge_precure/

  → 朝日放送「トロピカル~ジュ!プリキュア」公式サイト
  https://www.asahi.co.jp/precure/tropical/

 BL220202_TrPr-NewNingyo01.JPG
 ※トロピカル~ジュ!プリキュア画像は公式のサイトや放送画面から引用要件に留意した上で貼付しています
◇◇

さて、その『トロピカル~ジュ!プリキュア』、上述のとおり海の王国からやってきたローラという「人魚」のキャラクターが登場します。

人魚といえば、アンデルセンの童話にせよ、それを原作と位置づけたディズニーのアニメにせよ、超有名な存在であり、そうした結果として、もはや注釈の必要もない共有された一般概念となっていると言えます。

その意味ではプリキュアシリーズとして特にオリジナリティが高い設定ではありませんし、反面それゆえ『トロピカル~ジュ!プリキュア』中で描く際にも特に「人魚とは◯◯である」のような説明は不要だったという点では作中に登場させやすいというメリットはあったことでしょう
(これまでにもシリーズ他作にて、プリキュアに変身後のモードチェンジとして「人魚フォーム」のようなものが単発で登場したことはありました)。

そんな「人魚」を、ここであえて主要登場人物に据えた『トロピカル~ジュ!プリキュア』。
そのことによって従来の人魚描写の因習をいかに覆し、どのようなテーマに肉薄することができたのでしょうか。

本稿では、そこに焦点を絞って掘り下げてみたいと思います。


 BL220202_TrPr-NewNingyo02.JPG

この人魚キャラ・ローラは、自らの意思で次期女王を志しており、受動的、消極的とは真逆のメンタリティで行動しています。
プライドが高い 勝ち気な性格で、良くも悪くも自信家。

なので当初は夏海まなつらプリキュアになったメンバーたちも自分が女王になるために利用する駒にすぎないと考えて高飛車な態度に出ることさえあったりしました。

そんなローラが、主人公らとともに過ごすうちに、しだいに心境に変化が起こり、まなつたちをかけがえのない仲間と認識するようになって、そうして前述の部活「トロピカる部」の活動に、ともに勤しみながら友情を深めていくドラマトゥルギーは、だからこそ非常にエモーショナルでもありえたわけです。

とはいえ、そうやってトロピカる部や他の校友たちとも関係性を育んだ後にあっても、ローラの基本的なキャラは変わらず、上記のような性格は継続していました。

なので、ふとした機会にローラが人間界で著名な人魚姫譚を知った際には、恋する王子に近づきたいがために人間態を手に入れるのに大きな代償を必要としたことや、最後は泡になって天にのぼってしまうなど、その悲劇性に対して

「はぁっ? なんでそうなるのよ。あんたバカぁ!?」
※セリフは実際のものと多少異なりますw
 筆者は「エバンゲリオン」には詳しくありませんwww

……などと鋭くツッコミを入れるひとこまも。

◎ただ、それはソレとして、アンデルセンによる人魚姫の物語には、アンデルセン自身のバイセクシュアルとしての苦悩が投影されていたのではないかとされていますから、そこを勘案するなら、安易な形のハッピーエンドにならないことにも一定の意味があると解釈すべきではあります
(人魚の下半身は魚類なのに、お腹には哺乳類の証であるおヘソがあるのは、生殖の不可能性、セクシュアリティにまつわる苦悩の表現だとも解釈できますね)。

◎ちなみに、ローラの言によると『トロピカル~ジュ!プリキュア』の作中設定では、人魚には「母」や「父」といった親は存在せず、貝殻から生まれてくることになっていました。これは、異性愛主義的な各種の制約に対する超克可能性を担保する工夫だと言え、地味に画期的です。
ローラと主人公・夏海まなつの関係性は特に深く描かれ、強い結びつき、心の交流がありました。いわゆるシリーズではよくある「百合キュア」展開でもあるとも言えますし、ファンがそのあたりを好意的に受け止めたうえで「もう早く結婚しろw」などというツッコミをしたくなるようなシーンも少なくなかったです。
しかしそもそもの人魚の「生殖」をめぐる設定がそのようなものであるのなら、その場面においては「結婚」や「生殖」にかかわる男女二元制や異性愛主義の桎梏が、じつは本当にアッサリと無効化されていたことにもなるわけです。
◇◇

で、そういう人物像なローラですから、あるとき(第16~17話)敵の大ボスである「あとまわしの魔女」から、「自分に忠誠を誓うなら、オマエを人間にしてやってもよいゾ」的なことを言われるのですが、そんな魔女の姿勢を即座に否定。
誰かの力に頼らずとも、自分の願いは自分で叶えるんだと、大見得を切る一幕だってありました。

この、自分の道を自分で切り拓いていくという主体性。
それを裏打ちするものとしての自己肯定感。
プリキュアシリーズでは往々にして称揚されるメンタリティですが、それがまた、ここでのローラのスタンスにも反映された形です。

そして、その直後のシークエンスでは、ローラ自身の仲間を思う気持ちが大いなるパワーを呼び寄せ、以てローラも他の仲間と同様にプリキュアに覚醒、追加戦士にあたる新プリキュア・キュアラメールが爆誕します
(商業的には番組の中盤でのテコ入れに追加戦士が登場するのは、まぁ例年と同じ鉄板の展開でもあるわけですが)。

しかも、プリキュアへの変身能力を手に入れると同時に、日常的に人間態でいることも可能になりました。
あまつさえ人魚態と人間態は自在に任意に切り替え可能な設定だったので、まさに「人魚だけど、一切の代償を払うことなしに人間にもなれた!」事例となったわけです。

……否、厳密には「一切の代償」が皆無だったわけではないです。

人間態をゲットしたローラは、正式に主人公らと同じ中学校に生徒として通うことになります(第18話)。
となれば、部活は何にする? というのもひとつのテーマとして俎上にのぼります(最終的には元々非公式に関わっていたとおり、主人公らが作った「トロピカる部」に落ち着きはするのですが)。

水泳は得意だ。
人魚として水中を泳ぎまくっていた経験があるローラがそのように豪語するのを見て、必然的に水泳部からは勧誘の声もかかります。
「任せといて!」とばかりに意気揚々と体験入部するローラ。
自信満々でプールサイドの飛び込み台から水面へと華麗なフォームで飛び込みを見せます。

しかしその数瞬後。
「助けて~~~っ」
プールには手足をバタバタと動かしながら溺れるローラの姿が。

そう。
人間態になった代償、それは人魚態のときのように自由自在には泳げなくなってしまうことなのでした!!

………ぃやまあ、そらそうっちゃーそうやわナぁ;w

ともあれ、そうしたことも含めて、これら『トロピカル~ジュ!プリキュア』でのローラに係わる描写の総体は、フィクション物語に登場する「人魚」像の、新時代のひとつのメルクマールになったのではないでしょうか。

 BL220202_TrPr-NewNingyo03.JPG

 BL220202_TrPr-NewNingyo04.JPG

さてさて、そんな今般のローラの、従来は人魚態だった身体が、人間態での日常生活も体験するようになるという事例。

じつは、このように自分の身体状況が一気に更改されるということは、従前の身体状況では体験し得なかった身体感覚を体験する機会が急に到来するということであり、それはまずは戸惑いや混乱を覚える事象であり、同時に、新鮮な驚きや感嘆を伴うエクスペリエンスであったりします。

前述の水泳部への体験入部をしてみたら人魚態のときとは違って人間態では泳げなくなっていることが発覚したのは、その視点に寄せて言い直すと、「うわっコノ身体めちゃ泳ぎにくいやん!」という、更改された身体感覚への対応に脳が追いついていないがゆえの身体制御の混乱だったとも言えましょう。

同じ回で、正座で足が痺れて、その身体感覚にローラが新鮮に感じつつも戸惑うシーンがあったのも、描写としては連関したものでしょう。

ローラがプリキュアに覚醒して人間態を得る、その少し前(第15話)では、ローラと、同じトロピカる部の上級生でプリキュアとしては「キュアパパイア」への変身者でもある一之瀬みのりの、その身体と中身が入れ替わってしまう、というハプニングが、ひょんなことから起きてしまいます(フィクション作品では珍しくないことですが、本作のシリーズ構成的には後の展開への仕込みとして機能している回でもあるわけです)。

そこで、みのり先輩は、ローラの、すなわち人魚の身体で海中遊泳に繰り出し、その自在に泳ぎ回れる感覚に新鮮な感動を覚えます。
一方ローラも、みのり先輩の身体で学校中を歩き回り、人間の身体の陸上で活動するうえでの便宜の高さを堪能するわけです。

そうして、ずっとこの入れ替わったままでは困るという不安の一方で、みのり先輩もローラも、各々いつもとは違う身体感覚の身体に新鮮さを感じ、その身体ならではの体験にテンションを上げていもしたのです。

じつは私も、性別適合手術の後に痛感した(←文字どおり痛かった!?)のは、手術で形状が大きく更改された股間まわり、その部位に係わる身体感覚が従前とは一変し、まったく異なるものへと大きな変化を遂げたという事実です。
「え゛っ、オシッコ……、ここからこんなふうに出るの!?!?」
 とか……。
そして、それにともなう脳内に残ってる従来の身体図式との齟齬から来る違和感と、違和感と同じくらい印象的だった新鮮な驚き。

これはすなわち、自己の身体の状況が変わるということは、そういうことなのだということです。
身体は世界を知覚するためのセンサーであり、収集されるデータが身体差に応じて異なることが、各人の世界認識を司っていくことになるし、本人の心理状態にも影響を与えるわけなのです。

これが性別の場合だと、男女を分かつ根拠とされる生殖関連の身体差に応じた身体感覚の差異の数々が、語られる機会をつうじてしだいに男女別に集計されていき、やがてある種の集合知となり、それが「男女の身体の違い」のように捉えることが可能なものになっている、ひいてはあまたある男女のジェンダー差を社会的・文化的に構成する一要素になっているということにもつながってきます。
じつはこうした機序をつうじてはじめて身体は性別と連関している――最初から身体に「男女」が内在しているのでなく――というのは、わりと「身体の性別」の真相に近いのではありますまいか。

そのあたりは、この『トロピカル~ジュ!プリキュア』オンエア期間中に出版されることとなった拙著『性別解体新書 ~身体、ジェンダー、好きの多様性』のほうに詳述してあるので、ぜひご一読いただけると幸いです。

ともあれ、『トロピカル~ジュ!プリキュア』でのローラとみのり先輩の身体入れ替わり展開~その後に来たローラの人間態獲得を受けたエピソード群は、そういった論点とも接続可能となる、「異なる身体感覚の体験」についてのけっこう踏み込んだ丁寧な描写であり、なかなか深いものだったのではないでしょうか。


 BL220202_TrPr-NewNingyo05.JPG

そしてもうひとつ、『性別解体新書』で取り扱っているテーマとの連関という点で、ローラの人間態獲得をめぐっては重要な論点が読み解けます。

ローラはなぜ人間態を欲したのでしょうか?

……というか、話が前後しちゃいましたですが、ローラはトロピカる部で仲間と過ごす時間を重ねるうちに、他のメンバーと同じく人間の身体だったらいいのになという思いを抱くようになります。
みのり先輩との身体入れ替わり事件は、その願望をあらためて自覚的に再確認するものでもありました。

しかし、それはローラが自身の人魚の身体を激しく嫌悪するようになっていったというようなこととはたしてイコールでしょうか??
「もう人魚でいるのは心底イヤだ。人間がいい」のような気持ちだったのでしょうか!?

ちがうでしょう。

ローラは自分の人魚態もまた気に入っていますし、我こそはグランオーシャンの次期女王を目指している人魚なのだというアイデンティティはむしろ確固たるものです。

しかし同時に、一方では
「トロピカる部のみんなといっしょに陸上で過ごすには人間の身体のほうが都合がいい」
「(人魚の姿はプリキュア以外の一般人には秘密にしておかないといけないことになってるので)人間態なら大っぴらに活動できて面倒くさくない」
 のも現実。

みんなと、もっといっしょにいろいろなことがしたい。
大切な仲間たちと、よりたくさんの楽しい時間を共にしたい。

夏海まなつとの出逢いに始まる陸上での生活は、当初は人間と暮らすことなぞもっぱら自分が女王になるためのプロセスにすぎないと考えていたローラに、心境の変化をもたらしていたとは、はじめに述べたとおりです。

この生活が素晴らしくシアワセ。
まなつ、みんな、大好き!

……しこうして、そのためには、人間の身体のほうが便利と思えるようになるのも必定。

そう。
「その身体が欲しい」って気持ちも、じつは一枚岩ではなく、思いのほか複合的・多層的であって、個々のケースごとに事情はさまざまでフクザツなものなのです。

現実世界でトランスジェンダーがホルモンや性別適合手術に至るような性別不合の場合でも、身体に違和感があると言っても、単純に「心の性別と一致しない」なんてものではなくて、望む性別に見られるうえでもっと有利な身体特徴でありたいとか、「ペニスがあるならそれは男だ」のような社会的な意味付けが重苦しいとか、あと、好きな相手との性行為に有益なアイテムが欲しい/邪魔なアイテムは要らない みたいなもの等々、丁寧に切り分けていくと、いろいろな要素が入り組んでいて、ひとりひとり内実は異なっていることが顕になってきます
(という件も『性別解体新書』にて詳述しています)。

いずれにせよ、自分の身体状況への違和感なり不満足感といったものは、個々人がいきなり自分だけで自発的に自覚するものではなくて、社会生活での他者とのかかわりの中で感じさせられるものなのだ、という視点は重要となります。

てなわけなので、この『トロピカル~ジュ!プリキュア』でのローラのごとく、そういう身体状況であることが、望むコミュニティに参加するうえでの大きな便益となっているので、その手段として「その身体が欲しい」、そこに重心がある、というようなパターンも当然にあるわけですね。
はい、ここテストに出ま~すノ

kasumi さんによる[ねとらぼエンタ]での連載記事のキュアラメール登場を扱った回でも、ローラが人間になりたいと望んだのは「手段」であって、人間になることそのものが「目的」ではなかった、という旨はしっかり強調されています
( kasumi さんの記事は常々手広くソツなく記述されていますから、どうぞ併せてご一読ヲ)。

  → 人魚のローラが「キュアラメール」に変身
「トロピカル~ジュ!プリキュア」で描かれた“足を得る”選択について
 [サラリーマン、プリキュアを語る/ねとらぼエンタ]
  https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2106/24/news028.html
◇◇

むろん、どんな身体状況の人でも、参加に不利益が生じないように態勢が整えられているコミュニティというのは理想でしょう。
各種のバリアフリーを推進することで、いわゆる障害者のノーマライゼーションが実現されることはそのひとつですね。

今般のプリキュアでのローラをめぐっても、例えば人間界の社会の様相が人魚の実在についてもっとレセプティブなものにはじめからなっていたなら、ローラが気を遣う必要もなかったかもしれません
(グランオーシャン側に人間と関わった人魚の記憶は消去されるなんていうわりとダークな掟があることが終盤で発覚したりもしましたが; ←そのあたりは最終回の結末へ向けてのローラの決断をめぐる見どころのひとつとなっていました)。

ただ、未だ理想には追いついていない現実の中では、事情を抱えた人の側が、現実と自身の事情をすり合わせながら、現状での最適解をマネジメントする営為も、否定されるべきではないでしょう。

その意味ではローラの件は、作中の文脈では、ひとつのソリューションとしてじゅうぶんに望ましい形であり、そうであるように描かれてもいました。

 BL220202_TrPr-NewNingyo06.JPG

あるいは「身体がこうあることが喜ばしい」「こういう身体こそが正しい」という価値基準が一方的に肯定されるような描写も、プリキュアに限らず、各種フィクション作品などでは留意が必要なのも確かです。
言うまでもなく、美醜の問題、あるいは肥満、頭髪・体毛などは、すでにセンシティブな案件でしょう。
いわゆる身体障害者の身体のありようを否定してしまうなどのミスリードも避けられなければなりません
(名作アニメ『アルプスの少女ハイジ』での「クララが立った~っ!」などは、現在のこういう観点を当てると、いささか精査が必要にも思えてきます)。

あなたがこう生きたいのだとしたら、その身体は間違っているね、みたいなメッセージは、多様性の否定に他なりません。
したがって、そういうニュアンスで物語を展開するようなことであれば、今どきのプリキュアシリーズでは当然にやっちゃいけないことのひとつにはなるでしょう。

でも今般のローラについては、上述のように心情の遷移や動機を自覚していく過程の描写が丁寧なので、そこらへんのミスリードについても杞憂だと考えてよいのではないでしょうか。
しかもローラ自身の意思で任意に人間態から人魚態に戻れるとなると、マジまったくノープロブレム。

なので結果的に、自分が社会的に係わるステージごとに、その場に応じた「なりたい自分」になることを、自身の身体状況をコントロールして適宜マイナーチェンジすることまでも含めて肯定し祝福する内容になっているわけです。

現実世界には、性別適合手術を含む各種の美容整形に対して、往々にして多数派基準に即したスティグマ化がおこなわれがちだった風潮が今なお残っているでしょうが、こうした物語描写が、それらを払拭するベクトルのひとつとなるなら、やはり意義深いでしょう。

身体は現実世界用のアバターのベースとなる素体ですから、デフォルト設定に不都合があるなら、修正ツールを活用することだって、非難されるいわれはないのです。

その点でも『トロピカル~ジュ!プリキュア』は、存外にスゴイことを描いてると私は思います。

例えば『HUGっと!プリキュア』が真正面からジェンダーの問題に取り組んでいたのに比べると、『トロピカル~ジュ』は一見シンプルに明るく楽しく物語を進行しているだけにも見えなくはなかったかもしれません。
しかし、じつは、ジュディス・バトラーの著書のタイトルを借りて言うなら、ものすご~~く『 Bodies That Matter 』なテーマに切り込んでいたということになるわけですね。

  
※ちょうどローラが人間態を得るか得ないかあたりのタイミングで、バトラーが1993年に著した『 Bodies That Matter 』の日本語訳が『問題=物質となる身体』という邦題で出版されていました。
拙著『性別解体新書』の参考文献には間に合わなかった(原著を読みこなすほどの英語力がないので;)のが遺憾なのですが、さりとて拙著も「身体の物質性が、いかなる機序でジェンダーと連関しているのか」についてガッツリ論述したつもりなので、僭越ながら、同じ2021年に出版された本として思いのほか内容的に重なるところは多いと言えたりもしそうです
◇◇

 BL220202_TrPr-NewNingyo07.JPG

あとひとつ付記すると、上記のように自分が社会的に係わるステージ各々において、その場その場に応じた「なりたい自分」をコーディネートし、自分が良い・適切だと思う自己像を呈示するという営為、コレ自体は私たちの社会生活では、ごくフツーに日々実践されていることです。

もちろん、奇跡を呼び寄せて人魚態から人間態になったり、もしくは錬金術で女体化するとか、まぁ現実的に選択可能な手段なら性別適合手術を含む各種の美容整形だったりするわけですが、そのように自身の身体そのものの物質的な実存としての状況を改変するケースは、たしかに一般的には日常的ではない・頻繁におこなうものではないかもしれません。

しかし、服装を工夫して自己のファッションイメージを演出する、そうやって自己呈示における印象操作を試みたりするのは、それこそ毎日の営みでしょう。

そしてその際、服装に加えて大きなファクターとなるのがメイク・化粧です。

『トロピカル~ジュ!プリキュア』では、このメイク・化粧についても、作品の主軸に据えられていました。
「メイクでチェンジ! ムテキのやる気」なんていうキャッチフレーズも。

これはひとつには作中でキャラクターたちが実際に使用するコスメとして「 Pretty Holic(プリティホリック)」というブランドを打ち出し、主要登場人物のひとりでキュアコーラルへの変身者・涼村さんごの家がそのショップだとしつつ、同名のブランド・ショップを現実世界でも展開する……という商業戦略でもありまして、現に人気を博して売り上げは上がったようです。

どうしても女児向けマーケティングではメイク・化粧・コスメは鉄板ですし、商業的な成功を期するためには、ある程度は手堅いところにコミットせざるをえないのも理解できるところです。

ただ作中では、メイクを「女の子らしくするためのもの」「そうすれば男子にモテたりするかも!」のように位置づけることは慎重に避けられていました。

素の状態に対して変化を施すことで自分のテンションが上がる。
「なりたい自分」をコーディネートすることで、自分で自分を好きになれる。
あくまでも、そのためのツールがコスメであり、自分のために自己の理想を叶える手段としてのメイクという軸線は貫かれていました。

実際のところ、メイクを日常的にする人にとって、その動機はだいたいそうしたものだというのは、わりと一般的だとも考えられます。
したがって、そこへフォーカスした『トロピカル~ジュ!プリキュア』のメイク・化粧についての取り扱いは、これもひとつ丁寧に制作されているポイントだったと言えましょう。


  

◇◇

◇◇



共通テーマ:アニメ

佐倉満咲、卒業論文を執筆する [今週の佐倉満咲]

我が娘・佐倉満咲センセイが、今年度はもう大学4年生となっており、2021年6月には教育実習にも行っていた話は、すでに記事にしたとおりです。

いゃ~、ついこのあいだ大学生になったばかりだというのに、さような次第なので、もはや卒業も近いという時期なんですねー。

はやいものです、じつに
(てゆか高校卒業、あるいは小中学校卒業だってしかり;)。

  → 佐倉満咲、教育実習でLGBTの授業をする
  https://stream-tomorine3908.blog.ss-blog.jp/2021-06-28_teach-R

  → 佐倉満咲、大学でジェンダーを学ぶ
  https://stream-tomorine3908.blog.ss-blog.jp/2018-12-09_MUs-GS

  → 佐倉満咲、高校を卒業&大学に入学する
  https://stream-tomorine3908.blog.ss-blog.jp/2018-05-21_MUs2018h

◇◇
で、そんな2022年1月も終わろうかという今日ですから、かの大学4年生にとっての一大イベント・卒業論文についても、先般なんとか無事に執筆を仕上げて、すでに提出を終えた形となっております。

なんでも過日にあっては大学で卒論公聴会みたいなもの(!?)も開催され、他の学友や先生方の前でプレゼンをおこない、相応の評価も得られたみたいなことも言っていました。

なので、形の上での単位認定にもモンダイはなく、卒業も確定ということらしいです。

てなわけで、まずはめでたい。
というか、このところ「卒論の影の指導教員」をさせられてきた身としても、ようやく肩の荷が下りた形ですね。


 BL220130_MUs-BclTss.png (画像はイメージです。出典:いらすとや

思えば満咲が社会学系の学部の学生となって以来、本を借りに来られたり、食後のひとときの会話で妙にディープな専門用語が飛び交うことになったり;

まぁ満咲サンとしても、あぁぁ何かもうちょっとこういう方向性の参考文献があったらなぁ……と急に思い立ったときに、ダメ元で相談すればワタシの本棚から相応に求めてたものに近い書籍が、あたかもドラえもんが四次元ポケットからひみつ道具を出してくれるかのごとく、ひょいと提示されるのは、論文を執筆するうえで、地味にアドバンテージだったようです。
実際、ソコから有用なヒラメキを得ることもあったみたいですし。

あるいは昨年の秋口以降の卒論追い込みの時期には、ワタシの仕事部屋のサブデスクを占領し、ノートパソコンを設置、参考文献類等々を積み上げて執筆に励んではりましたね。
曰く、ココだと何かあったときにすぐにワタシに尋ねられたりするし、軽くネタ話を交換しながらだと執筆も進むから……とのこと。
う゛むむ……;
コレでは卒論の影の指導教員をさせられている、というよりは、むしろ院生室の論文執筆仲間じゃないですか、まるでw
(ワタシも私で、そんな満咲とマジメな会話やネタ話を交えながら「週刊金曜日」の原稿を書いたり、その他の講演大学授業のパワーポイントや動画をつくっていたわけですネ)

4年間ふり返っても、満咲との会話が、あたかも大学院生どうしが研究室で話しているかのごときノリになることがしばしばあったのは、お互いに有意義かつ良き思い出と言えそうです。

満咲もやはり特にジェンダー方面などはなかなか鋭いセンスで学究を深めており、ワタシが何か問いかけたら存外に的を射た社会学ワードを返してきたりするようにどんどんなっていったのは大したものだったと言えます。
いろいろなテーマについてワタシにタレコミ情報をもたらしてくれる際なども、例えばちょっとした炎上案件の報告のときなら、きちんと自力で男性ホモソーシャルのこととか男女二元的異性愛主義の観点とかまで言及してたので、いゃはやこのところの我が娘・満咲のレベルの上がり方、親バカを差し引いても並々ならないとまで思ったりしたものです。

そうそう、3年生になって新型コロナウイルス感染症の影響で大学の授業が急遽すべてオンラインになってしまった際には、「◯◯社会学の授業? オモシロそうやん!」とワタシが横で一緒に受講(!?)することがあったのも、満咲としては、登校せずに自学自習を強いられる慣れないスタイルの中でのモチベーション維持の助けになった、ようなことは言っております。
担当の先生が先の展開のための伏線を張った話をするやいなや、ワタシが勢い余って、その先の展開のネタバレをコメントしてしまい、後でビミョ~な空気になったのは、今となっては笑い話ということでよいでしょうか。………むしろ先生、ゴメンナサイw

その他、ブログでは未公開のネタのいくつかも、ツイッターに残っていたりします。

 

 


で、
そんな満咲サンの卒業論文、テーマはさて何だったのかと言うと(むろん社会学系の学部のゼミで研究したテーマだというのは既述のとおりとして)何やら「アイドル」関連だったようなのですね
(個人情報等々に配慮するとコレ以上は詳述できないのが恐縮ですが)。

………アイドルで卒論。
ソレって、親が…ワタシが学部学生時代にやりたかった、けれども諸般の事情で叶わず、そしてその諸般の事情には性別違和がそこはかとなく絡んでいたという、ルサンチマンの塊みたいなやつじゃなっスか!?

ん~むむ;
親が果たせなかったアイドルを何らかのテーマに据えて書く卒論、我が娘・満咲が今般達成したというのも何かの因果なのでせうか。

ちなみに、ワタシが卒論で実現できなかったアイドルについての論考をめぐりめぐって2016年に書くことになったりもした、かの雑誌「ユリイカ」、その号や他の号を織り交ぜて、しっかり参考文献に用いてはりました満咲サンであります。

まぁこんな具合なので、そのあたりも含めて、このたびの我が娘・満咲の卒論に至る大学生活のあれやこれや、なかなかいみじい話だったということになりましょうか。

◇◇

++++++(2022/02/16)+++++++

ワタクシ・佐倉智美がアイドルで卒業論文を書き直したいという話題、ひょんなことからお知らせブログのほうで、高槻市での観光大使へのアニメアイドルの起用の件と絡めて紹介する機会ができました。
せっかくなので合わせてご笑覧くださいノ

  高槻とアイドルマスター/今日も明日も花ざかり(佐倉智美「お知らせブログ」)
  https://est-tomorine3908.blog.ss-blog.jp/2022-02-16_YayoiTakatsuki


なお、どのようにおニャン子クラブで卒論をまとめるのか……については、以前にツイッターで軽く整理していたコチラのような感じになりますでしょうか。

 


◇◇
+++++++++++++++++++


◇◇

◇◇



共通テーマ:学問