SSブログ

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「LGBT」「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などはお知らせブログにて

もうそこにいるトランスジェンダー女子大生 [多様なセクシュアリティ]

「お久しぶりです。佐倉智美 著・小説『1999年の子どもたち登場人物の栗林理素奈です」

「どもども、同じく『1999年の子どもたち』外伝パート登場人物の石橋海素浦で~すノ」

「えぇーっと…、同じく『1999年の子どもたち』外伝パートの登場人物、風屋光です(ペコリ)」

「ミズホもヒカリちゃんも、この形式でのブログ記事に出演させられるのは初めてね。私たち本編登場組は作中設定の本編舞台年代な西暦で言う2015年には、さんざん作者に扱き使われたんだけど……」




「アレは大変だったねー、リソナちゃんたち; ……本編登場組のとある人物とは私たちも各々小学5年生だった西暦の2010年に外伝の1と2で絡んでんだけど」

「それよりもそれよりも、ほらほら、すごいよ! いよいよとうとう西暦2018年になったんだよ!! 外伝3の作中設定でこの春に私たち3人が出会ったとされてるその時に、ついについにリアルになったんだよっノ(第7巻参照)

「はいはいミズホ、落ち着いて(^^;) たしかに私たちがこの六麓女子大学に入学して、新入生ガイダンスで同じ班になったきっかけで3人が友だちになって、それからはや数か月。かれこれ前期授業も終盤だもんねぇ」

「……という設定のもとで実際に外伝3の物語が進行するのは来年の12月とはいえ、ね」

「で、リソナ、なんでアタシたち呼ばれてんの? 先月の大阪府北部地震から今月あたまの豪雨でいっぱい臨時休講になったせいで補講がいろいろ詰まってて忙しいのに……」

「………もしかして、アレの話題なの??」

「そうなの。ミサキちゃんのお父さん、つまりほぼ作者から、先日に報道されたお茶の水女子大学や奈良女子大学がトランスジェンダー学生の入学を受け入れる方針を打ち出した件について、実際に《女子大》で学ぶ現役女子大生の立場からトークしてくれというお達しなわけよ」



「……………」

「えっ、え!? でもアレ、ウチの大学にはまだカンケイないでしょ? 六麓女子でもその方向にしていくみたいな話が近々であるとは聞いてないし、それにだいたいそんな人が本当に入学してきたりって、そうそうたくさんあるケースなの??」

「………………」

「ちょ、ミズホってば、いくら作中のこの時点では私たちまだ知らないことになってるとはいえ、この文脈でソレはボケすぎでしょうw ほらヒカリちゃんも、そんなにカタくならないで…」

「あ、なんだ、ネタバレでイイのかノ」

「……ほ、本当に大丈夫なの??」

「まかせといてよ」

「そうそう、友だちでしょ?」

「うん、それで、ミサキちゃんのお父さん……ほぼ作者からは何か所見は??」

「えっとね、簡潔にまとめたコメントなら、いちおう預かってるよ」

「なるほど、コレが佐倉智美先生の公式見解かぁ」


++++++++++++++++++++


現状の性別役割規範にとらわれずにひとりひとりが性別で分けられる前に「自分」でいられる環境は、特に女子にとって有効な社会環境がいまだある中で「女子校」「女子大」には当分は意義が認められるべき

そういう中で「女子」とは誰かについては、近年の性の多様性への理解の進展とのすり合わせは必要

その意味では性自認などの概念を視野にトランスジェンダー女性の入学を認めるのは妥当な落としどころ

ただし「性自認とは何か?」を掘り下げだすと、けっこう奥が深すぎて大変。
実際の入学資格などは、多少の割り切りもやむを得ない

現実としては、「女性集団」の中で相互に「同性として」ナチュラルに人間関係をやりとりできるなら、身体や戸籍上の情報にかかわらず、その人はもう「女性」でよいのではないか

性的な興味などから「一般男性」が偽って入学してくるのでは? といった危惧はおそらくそういうことは永遠のゼロなので杞憂。
ぶっちゃけお茶の水女子大学や奈良女子大学などだと、いわゆる偏差値の高さが良くも悪くもゲートキーパーとして機能しそう

各大学の学内では報道が出る以前からじゅうぶんな準備が続けられ、構成員への説明・周知も進んでいるのではないか
(むろん、その際に出た不安の声には真摯に、必要があれば個別のケアも含めて、丁寧な対応は必要)。
そこを部外者が勝手に憶測や自分の主観をもとにあれこれ主張するのは不適切なポジショントークに陥る危険

特に大学院では「この先生に指導してほしい」と大学を選ぶことはままあるが、それこそ性の多様性をテーマにしたいトランスジェンダーが適切な進学先を探した結果、ジェンダーやセクシュアリティに詳しそうな先生が女子大に在籍しているということはありがちなので、今般の件はひとつ福音

総じて、多様な性のありようを前提とした社会への、状況の進展の一端を示す事案であり、喜ばしいことだろう


++++++++++++++++++++


「おぉ~、なんかナットク」

「たしかに大枠としては特に追加で言うこともないくらいだわね~」

「あと、ご自身が西暦2003年に大阪大学の大学院に入学された際の、事前の志望校探しのことに触れて、『俺もやっぱり《女子大》がヨカッタかなぁ…せっかくなので; 時代が十数年早かったワ』と苦笑してはりましたネ。やっぱりイロイロ面倒くさいハードルが多かったらしいです。あとその当時の詳細は『明るいトランスジェンダー生活』参照だって」

「なるほど、そっかー、でもそう考えると私がこうしていられるのも、佐倉先生とかが道を切り開いてくださったおかげなんだなぁ……」

「……で、それはそうとヒカリちゃんはどうやって六麓女子大学に入学したの?」

「そだよね、ウチの大学は公にはソレが可能とはアナウンスしてないわけだしぃ」
 ※六麓女子大学はあくまでも架空の大学です

「あ゛…、まぁソコは……基本的に個別対応ってことになるかな。高校の進路の先生が親身になってくれて、それで大学とも熱心に折衝してくれたってのもあるし」

「そっか~、なかなかやりますナ、ヒカリちゃん。とはいえ、リアル2018年がこういう情勢になるというのを展望して、こういうヒカリちゃんの設定を入れた作者、やはり只者ではないですゾ」

「どっちかってったら作者の思ってたよりも現実は進展してるみたい。……ってリアル2015年の時点でも話してたんだけどね;」

「あと、トイレ・更衣室・健康診断・体育の授業なんかも、必要に応じて配慮してもらえるように話はついてる」

「ふむふむ。それで作中の現時点ではアタシたちも知り得ないでいると」

「まぁとっととカミングアウトしちゃえばラクなところもあるんだろうけど、現状まだ偏見のある子もそれなりにいるだろうから、功罪あい半ばかなぁ」

「なのでリソナちゃんとミズホちゃんには言おうとずっと悩みつつ、外伝作中のとおり来年の年末まで持ち越しに…」

「でもね~、たぶん否定的に反応する子もいるとはいえ、基本的にはOKな子は作者が考えてた以上にリアル2018年には増えてると思う。リアル満咲ちゃんの大学生活の様子を窺ってもそういう感じだし」

「うんうん、アタシはリソナと違って今までそういう人とやりとりした経験なかったけど、でもヒカリちゃんはヒカリちゃんだと思う。だからゼンゼン大丈夫!」

「……あ、ありがとう」

「そーね、ということだから来年12月、楽しみにしてるよ」

「それでは」

「皆様」

「よき女子大生ライフをノ」


  


◇◇


コメント(0) 
共通テーマ:学校