So-net無料ブログ作成

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「LGBT」「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などはお知らせブログにて

前の3件 | -

とんだ解釈違い!BLと思ったらヘテロだった!! [多様なセクシュアリティ]

さぁて、お知らせブログにまとめたように、ワタシと我が娘・満咲が行く2019年度の「母娘男旅」は北海道だったわけです。



広大な北海道の大地は、やはり見ごたえがありましたね。

十勝平野のほうから大雪山・層雲峡の方面をめざして行くルートには、扇ヶ原展望台もあって雄大な眺望が得られます。

 BL190928-BLorHET_01.jpg


そこからもう少し進んだところにある然別湖は、なかなか良い感じです。
観光地として俗化していない、しっとり独特の趣が非常にエモーショナルな印象です。

 BL190928-BLorHET_02.jpg


三国峠の展望もまた素晴らしいです。

 BL190928-BLorHET_03.jpg


で、こうして行程を進めた途上にあるのが、「銀河の滝・流星の滝」だったりします。

 BL190928-BLorHET_04.jpg


これが銀河の滝。

 BL190928-BLorHET_05.jpg


こちらが流星の滝です。

 BL190928-BLorHET_06.jpg


2つをまとめて視界に収められるという展望台へは時間と体力の都合で行かないことを選択したものの、相次いで目撃したダイナミックな双瀑の様子に、私たち親子はしばし感嘆。

「いゃ~スゴイなぁ」

「う゛ーむ、小並感;」

というふうに、感動を表す語彙も見つからなかったりしました。


と、そうこうするうちに満咲が、少し別角度からのコメントを始めました。

「流星の滝、流星かぁ……。なんかアイドルの流星くんの滝、か何かみたいにも聞こえる」

なるほど、まぁたしかに横浜流星とか今をときめく人気俳優です。
ジャニオタでもある満咲はジャニーズWESTの藤井流星を念頭に置いているのかもしれません。
漢字は異なりますが竜星涼もいますね。

「誰かもうひとり……、名前が銀河くん!? ……といっしょに流星くんがココをレポートする仕事とかすると良いかもね」

と返すと、

「おぉっ! 良いねぇ」

「それかいっそのこと、この滝を擬人化したキャラとか」

「銀河&流星コンビの2.5次元アイドル?? 的な!? うん、萌えるかも!」

「2人が毎回いちゃいちゃしながら、他所の滝を訪問するなんてどう?」

「ぅわ、めっちゃエエやん」

今どきの女性ファンが、男子2人の仲睦まじさを見てときめく、いわゆる関係性萌え、もしくは相関図消費ですね、これはもはや広くおこなわれている事象だと言ってよいでしょう。
いわゆるBLコンテンツが好まれるツボもそこにあると考えられます。

と、ここでおもむろに満咲が問うてきました。

「……どっちがどっちかな?」

「え??」

「どっちが受けで、どっちが攻めかな」

………ソコかよ!w

まぁせっかくなので直感的に浮かんだイメージを答えます。

「うーん、一見すると銀河のほうがオラオライケイケ系っぽいんやけど、じつは受けで、逆に控えめで落ち着いたキャラに見える流星のほうが、いざソノときになったら攻め……とか?」

ソレを聞いた満咲は安心したように目を輝かせます。

「おぉ、そーやんな、やっぱり! ヨカッタ、解釈が一致してノ」

何がどう「やっぱり」なのかよくわかりませんが、ここで解釈違いが露見して親子喧嘩になるのも不毛です。

「BLカップリングの解釈が父親と一致して安堵する現役女子大学生」という存在が、いったい世界に何人いるのかはわかりませんが、まぁこの展開はめでたいのでしょう;

いわゆるひとつの《狭いながらも楽しい我が家》の一端が、こういうところでも発現した形です。


 BL190928-BLorHET_07.jpg

そうして、滝散策路から駐車場のほうに戻ってきた私たちは、駐車場からの滝散策路への入り口に設置したと企図されているらしい、双瀑について解説した案内板に気づきます。
どちらかというと順路を逆に巡ってきてしまったようです。

そしてソコには、じつに衝撃的な事実が記されていました。

「えぇぇ~っ!!」

「ま、まさかそんな……」

 BL190928-BLorHET_08.jpg

「め、夫婦滝って!?」

「流星を雄滝/銀河を雌滝……だとぉ??」

これはとんだ解釈違いです!

まさかの、BLだと思って萌えていたら、なんとヘテロカップルだったとは!!

「……………」

「ぅむー……。こ、これがヘテロノーマティビティかぁ」

という、世の異性愛因習に思いがけず少しダメージを食らった、ある日の北海道旅行なのでした。

※例えば伊勢の二見浦の夫婦岩なら、昔の人が夫婦に見立てたことに対してはわからなくはないですが、この双瀑ってマジ「夫婦」のイメージを重ねるに妥当なのかどうかギモンです
◇◇


 BL190928-BLorHET_09.jpg

さて、そんな数日後、霧多布までやって来た私たち。
湿原の中を歩けるように整備された木道を、少し散策することになりました。


 BL190928-BLorHET_10.jpg

少し行くと、他に人影もなく、広大な湿原の只中に2人きりのようになりました。

ここで満咲がふと思い立ったのか、つぶやくように言います。

「なぁ、世界の果てに2人きりになったら……」

「あぁなるほど、コレってそんな感じやなぁ」

「例えば世界の果てに2人きりになったけど、相手も女の子やったらどうしたらいい??」

「む……、なるほど、ソレか」

そこはまぁ、iPS細胞とか、百合オメガバース的な何かとか…!?

※真面目なところ、「世界の果てに女の子どうし2人きり」は現実的ではない仮定の話なので、少なくとも生殖の不可能性を根拠に同性愛を否定するのは妥当ではないです


「ところで『やがて君になる』の小糸侑と七海燈子センパイとか、世界の果てに女の子どうし2人きりシチュになかなかヤバくない?」

「わぁ激ヤバ!」

「『響け!ユーフォニアム』の田中あすか&中世古香織もヤバエモなのでは??」

「……あえての《あすかお》? 《くみれい》ぢゃなく??(ましてや《のぞみぞ》でもなく)」

「(まぁ《のぞみぞ》とかやとヤバすぎやしな;)……『夏色キセキ』の夏海と紗季とかもエエんちゃうか?」

「それを言うなら『ドキドキ!プリキュア』のマナと六花もでしょ」

「ちょっと待て。さっきから全部、2人のうちの一方の担当声優が寿美菜子やゾ」

「それって必然的な偶然?」

……そんなこんなで、霧多布湿原の圧倒的な自然の息吹に包まれながら、妙にディープな話題について掘り下げる親子なのでした。

 BL190928-BLorHET_11.jpg


……てなことなので、以下は完全に余談です。

霧多布岬への道をレンタカーで走っていた私たちは、「駐車公園」という標識を見つけました。

「駐車公園」とは、ココらへん以外ではあまり聞かない言い回しです。
駐車することでソコが公園としての機能も併せ持つようになる、そういう公園のように使用できる駐車場……といったニュアンスでしょうか。

実際、キャンプサイトと隣接しているようなので、キャンピングカーでキャンプをする人たち向けの、そのキャンピングカー用の駐車場だというのが実態かもしれません。

 BL190928-BLorHET_12.jpg


そう納得して標識を走りすぎた3秒ほど後、私たちは重大な問題に思い至りました。

「ち、ちょっと待って」

「駐車公園ってさぁ」

「「 英語でどう言うの~っ!? 」」

英語では駐車も[ park ]、公園も[ park ]。
これはあまりにも気になりすぎます。

しょうがないので標識まで引き返して確認しました。

「……………えっ」

「そ、ソレでエエんかい」

 BL190928-BLorHET_13.jpg


そんなわけで、一切の捻りを省いた単に Parking という直球どストレートな表記に、ちょっと損した気分になりながら、霧多布岬を眺めた私たちなのでした。

……佐倉満咲、霧多布岬の突端を指差すノ

 BL190928-BLorHET_14.jpg


◇◇



共通テーマ:日記・雑感

失われた京都の伝統工芸~京アニ事件に思うこと [経済・政治・国際]

「京都の伝統工芸」と言えば何が思い浮かぶでしょうか。

西陣織? 京友禅??
あるいは京菓子や京人形、清水焼(きよみずやき)なども該当するようです。

少し言葉の意味を広げれば、さらに多くの具体例が挙がるかもしれません。

しかし、そうした真正の定義の範疇にある以外にも、京都を地盤とし、地域に根をおろした形で、日本の伝統的な美を追求しつつ、新時代のアートとして海外からも高く評価される成果物を創出する実績を積み上げてきた分野があります。

そう、それが京都アニメーションによるアニメ作品群。

当ブログでも『小林さんちのメイドラゴン』、そして『響け!ユーフォニアム』については再三にわたって記事にしているとおり、そのクォリティはすこぶる高く、その内容も非常にエモーショナルなものです。

精緻で美麗な描写で、観る人の心に訴える物語の数々が生み出されたことは、まさに京都ブランドの世界的な至宝だと言っても過言ではないのです。

しかし、その京都アニメーション、『メイドラゴン』記事の末尾にすでに追記したように、先月、2019年7月18日に痛ましい事件が起きたことは周知のとおりです。



放火の被害は甚大で、筆舌に尽くし難く、ワタシも1ファンとしていまだに上手く気持ちを整理しきれずにいたりもします。

ツイッターなどでは「 #PrayForKyoani 」というハッシュタグも設けられ、世界中からさまざまな声も届けられています。
それらは祈りと応援のほか、それぞれの発信者の人生に京アニ作品が大きく影響し、自らが苦悩を乗り越えるうえでのパワーをもらえたといった旨も少なくありません。

それだけに、今回の事件で京都アニメーションを支えた人材が失われ、制作態勢が損なわれたことは、はかりしれない痛手だということになります。

したがって、アニメカルチャーに詳しくない人だとあまりピンと来ないのかもしれませんが、じつはこの事件による損失は、それこそ西陣織や京友禅に匹敵するくらいの、「京都の伝統工芸」が被った厄災だと言えましょう。


 BL190818_PrayForKyoani01.jpg

さて、そんな次第であるので、一度は現場の状況を確認したいと思い、先日、足を運んでまいりました。


 BL190818_PrayForKyoani02.jpg

京阪六地蔵駅の改札口は『響け!ユーフォニアム』での登下校時にもしばしば登場したスポットです。


 BL190818_PrayForKyoani03.jpg

現場はやはり痛々しい第1スタジオ前。
やたら写真を撮るのも不謹慎だと誰もが考えるのか、私の他にも何人かが記録のためにと遠慮がちにシャッターを切っていました。

この時点では献花台が少し離れた場所に設置されていたのですが、そちらで手を合わせる人も多数。

ちなみにその様子を取材するマスメディアも。


 BL190818_PrayForKyoani04.jpg

 BL190818_PrayForKyoani05.jpg

しかし、現場周辺はこのように狭い路地もある一般の住宅街。
あれだけの火災となりながら、よくぞ周囲へは延焼しなかったものだなと、あらためて思います。
それだけ京都アニメーションのスタジオ自体は防災にも気を配った耐火構造の建物であったということなのかもしれません。


 BL190818_PrayForKyoani06.jpg

なお、周辺は本当にフツーの住宅街です。
訪れる際はじゅうぶんに留意しましょう。


 BL190818_PrayForKyoani07.jpg

ということで少し移動します。
いかにも黄前久美子と高坂麗奈が並んで座っていそうな京阪電車宇治線の車内。


 BL190818_PrayForKyoani08.jpg

てゆーか、京阪木幡駅の京アニショップ広告は、その「くみれい」です。


 BL190818_PrayForKyoani09.jpg

待って、その反対側は「のぞみぞ」じゃないッスか、と、尊い!(*^^*)


 BL190818_PrayForKyoani10Em.jpg

……というようなことを考えつつ駅を出て、そうして臨時休業中の京アニショップの前に立ち尽くす人が、ワタシの他にも複数;


 BL190818_PrayForKyoani11.jpg

JRの木幡駅のちょうど前が京都アニメーション本社ですが、部外者である1ファンとしては、気にはなるものの無闇に覗き込んだりするわけにはいきません。


 BL190818_PrayForKyoani12.jpg

かくして京阪電車宇治線の終点・宇治駅までやってきました。


 BL190818_PrayForKyoani13.jpg

『響け!ユーフォニアム』とのコラボイベント延期のお知らせの掲出にも、気持ちは切なくなることを禁じえません。


 BL190818_PrayForKyoani14.jpg

そういえば時節柄ちょうど宇治橋は「上手くなりた~い!」の日付あたりでした。


 BL190818_PrayForKyoani15.jpg

京阪宇治駅のところの観光案内所にも『響け!ユーフォニアム』のパネルが設置してあります。
物語の地元として、いわゆる聖地巡礼に訪れる人は少なくないのでしょう。


そんなこんなで、事件に心を痛めているファンが少なくないことが伝わってくる、事件現場周辺の探訪だったと言えます。

やはり喪われたものの大きさは計り知れないと言えましょう。

あらためて事件にて犠牲となられた方のご冥福を祈り、重軽傷を負った皆様の回復を願い、そして京都アニメーションの復興とさらなる発展を望んで止みません。


◇◇

◇◇



共通テーマ:アニメ

平成のカーテンコール [その他雑感つぶやき]

今日は世界のデファクトスタンダード・西暦で言うところの2019年4月29日。
そしてそれが「平成最後の昭和の日」なわけですね。

そうして明日で「平成」も終わり。
5月からは新たなる元号令和の時代へと世の中は進むわけです。

ワタシのように昭和に生まれ、そして平成の始まりをリアリタイムで体験した世代には、やはりコレはいささかの感慨は禁じ得ないところです。


◎元号に対して思想的に反対する意見も世の中にはあるようですが、ひとつの文化として元号には相応の意義があるでしょう
(「平成最後の……」とか「昭和という時代を感じさせる◯◯…」とかは、あながち無意味ではない)。
ただもちろん、利便性の高さからすると、もう実用の局面では西暦をもっぱら用いるのがわかりやすく通算にも便利でスッキリするとは思っています。
もはや西暦がデファクトスタンダードとして優位な地位にあるのはいかんともしがたい中で、実用的な面でその軍門に下ることで得られるメリットを優先することは、決して自国の歴史や伝統を蔑ろにすることとイコールではないでしょう。
(キリスト教による世界支配に対してアジアの国としての独自性を打ち出して対抗する……といったことに意義があるとしても、その一環として独自の暦を護持する取り組みは、実用の局面でむやみに拘泥するのではなく、文化の全体像の中で無理のない形で実践されるほうが、むしろスムーズに企図を実現できるのではないでしょうか)。
それでもどうしても自国独自の暦を実用の局面にも使いたいというなら、現在の役所の公文書などで元号を使ってる代替に「皇紀」を使ってほしいですね。
通算性は高いし、西暦と1の位の数字が一致して換算もしやすい。
元号の代わりに持ってくるだけならいわゆる右も左も進退ナシなので、みんなが利便性というメリットの享受が得られるという点では一致できるはずでしょう。
とにかく元号は換算が大変&通算が困難なのは不便でしかないです。
特に「平成」の換算は難度が高い。ズレてる数値が2なので、それを足すのか引くのか間違えると正しく換算できなくて頭が混乱します。
だいたい天皇陛下はかなり以前から生前退位の意向を示してたと言うではありませんか。
せめて西暦2016年から新元号にできていたら、昭和と同じく1の位の数字が西暦と5ズレることになってイロイロ便利だったのに……
(昭和の西暦と5ズレてるのはわりと便利だったのです。現代のことについて語る際に「1970年代の後半から1980年代の前半にかけて」みたいに言わなくても「昭和50年代」の一言で済ませられたり、その前に5なので換算するとき足しても引いても同じ1の位の数字が出るので悩まなくてイイという)。


思えば昭和天皇の崩御が、ワタシがいわゆる社会人1年めだった年度のこと。
なので自分にとってはいわゆる社会人として生きてきた歳月こそが、ほぼまるまる「平成」時代だったことになります。
逆に言えば、学生時代をもっぱら昭和の中で過ごしたということにもなりましょう。

つまるところ、じつは抱えていた性別違和のせいで悶々たる違和感に苛まれていた昭和時代の多感な若き日々。
それが嵩じて大人として人生に行き詰まる平成の初頭。
そんな懊悩を経て性別以降に踏み切って、以降トランスジェンダーとしての生活を築きながら人生経験を積み重ねてきた年月。

そういう経緯の中での、大人として過ごした時代が、ワタシにとっての「平成」だった……と言い換えることも可能です。

ぅうーむ、やっぱりちょっとしみじみしないではおれませんねぇ;


 
 ※浜端ヨウヘイ「カーテンコール」


そんなわけなので、誰もが各々歩んできた平成の日々をふまえ、いわばカーテンコールのごとく平成のあれやこれやを再確認しながら、今は新しい「令和」の時代を皆で迎えるときなのではないでしょうか。

願わくば、古く凝り固まった(とりわけ性的少数者に対する偏見などの)価値観などは、平成の彼方に放置していきたいところですね。



◇◇


前の3件 | -