SSブログ

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「LGBT」「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などはお知らせブログにて

前の3件 | -

「性別はサンタクロース」最新バージョン [多様なセクシュアリティ]

お知らせブログのほうではすでにご案内済みなとおり、長年にわたって執筆が難渋していたワタクシ佐倉智美の新刊が、去る9月、性別解体新書 ~身体、ジェンダー、好きの多様性』として、ついに上梓の運びとなりました。

詳細はこちらの記事にあるとおりです。

 →『性別解体新書』2021年刊行
  https://est-tomorine3908.blog.ss-blog.jp/auth_RestrD-2021

皆さまゼヒ手にとってみてください。
…さぁ! 解体ショーのはじまりだ!!

 


とはいえ、執筆が長引いた分、無駄に大作になってしまったというきらいもなきにしもあらず;

じつは著者の手元での完成原稿では、実際に本になった以上の分量があったというのも知られざる事実です。
すなわち、編集段階で泣く泣く削った小ネタなども多数。

そのうちのひとつに標題の「性別はサンタクロース」もあるのです。

「性別はサンタクロース」の趣旨については、すでに2006年にこのブログで紹介していなくもありません。

 → ★性別はサンタクロース
  https://stream-tomorine3908.blog.ss-blog.jp/2006-12-26
◇◇
 BL211227_SantaGender.png
 (画像はイメージです。出典:いらすとや)◇◇

このあたりを元に、執筆をつうじた各種の研究考察を経てブラッシュアップした最新テキストが、つまり、じつはひそかに存在するのですね。

というわけで、西暦2021年のクリスマスも過ぎたことですし、この際、ソレをここで大公開しちゃうことにします。


▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

性別はサンタクロース

実際には具体的な存在としては虚構であるのに、実在するという前提に合わせてみんなが言動を調整したために、あたかも本当に存在しているかのような社会的効力が発生する、という意味では、性別はサンタクロースと似ている。そう、クリスマスイブにやってくるというあれである。
多くの人々がサンタクロースが本当にいるという前提にコミットしたふるまいを行為する結果、仮にサンタクロースが実在しなくても、実在の根拠がたとえ疑わしくても、そのことは問題とならなくなる。多くの人々がサンタの存在を前提として共有して行動する、それこそがサンタが実在するという事実そのものになるわけだし、そのようにふるまうことが結果的にサンタクロースの存在に社会的実効性を生じせしめることになるわけだ。
そして「性別」もそれと同じなのだ。
「性別はサンタクロース」などと聞くと、ついあの松任谷由実の名曲の節で替え歌を歌いたくなるかもしれないが、これはあながちネタに終わらない、重要な理解なのではないだろうか。
なお、大人による子どもたちに対する「良い子にしてないとサンタさん来ないヨ」というような物言いは、「男の子がそんなんじゃ笑われるよ」や「女の子らしくしてないとお嫁に行けないヨ」等々と、もちろん基本的にも極めて近接した軸線上にある。
そしてこれらは、そもそも架空の設定に基づいて語られる内容が、語られることで実効性を与えられるという点でも共通している。これを見ても、やはり「性別はサンタクロース」なのではないだろうか。
(佐倉智美)

△△△△△△△△△△△△△△△△△△


ちなみに、これだけ読むと前後の文脈がわからないというか、前後で説明されている知見が省かれている感がモヤる、とかがあるやもしれません。

その場合は『性別解体新書』と合わせてお読みいただき、第4章の第2節、250ページのあたりに挟まる話だと思っていただけると幸いです。


◇◇


人はなぜスポーツの観客になるのか? [その他雑感つぶやき]

新型コロナウイルス感染症が猖獗を極めた2021年の夏。

そんな中でオリンピック・パラリンピックなどという大規模国際イベントを開催しないといけなかったというのも今般、大きな負担だったというのは否定しきれないものでしょう。

「大規模イベントを誘致して経済効果」的なさもしい発想の政治。
そして実際にこれだけ大変な状況であっても中止にならないことの裏に透けて見える数々の利権の闇。
にもかかわらず少なくない人々が浮かれるほど関心を寄せてしまう「スポーツというものが持つ特権性」。
コロナで大切なものを失った人はたくさんいる。失われた大切なものはたくさんある。
なのに「4年に1度の祭典」「重要な国際的スポーツイベント」、そんなお題目だけで、他より優先的に特別扱いになるというのは、控えめに言って公平性を欠くでしょう。

こうした点は、今後とも不断の検証が必要なのではないでしょうか。


 BL210927_OnlookSports01.png
 (画像はイメージです。出典:いらすとや 以下当記事中同様)◇◇

一方、そんな無理を押して開催された大会ですが、さすがにまるっきり平常どおりとはいかなかったのもさもありなん。

例えば多くの会場における「無観客」での開催。
楽しみにしていた人にとってはさだめし残念なことであったでしょう。

ただ………

ここで、あらためて気付くのですが、

ものすごいそもそも論として、さて、はたしてスポーツに観客って必要なのでしょうか!?

!!

例えば舞台演芸、コンサート等々であれば、これらは根本的に誰かに見せるためにおこなわれるわけで、ゆえに観客がいてこそ成立するものであります。
こうした類の催しもまたコロナ感染症を受けて「無観客」で開催されるケースは散見されますが、さりとてそれは会場には客を入れずにカメラを通して現場の様子を生中継・配信する……というような事例でしょう。
本当に誰も観ていないのに、演者らのパフォーマンスだけがおこなわれるというのは、ちょっと考え難いです。

対してスポーツは、アスリートがプレイ、競技するだけで、もう第一義的には完結しちゃって……ますよね!?

たしかに、観客からの応援を受けて、プレイヤーが発奮し、その結果として好ましい成果が生まれる……みたいなインタラクションにも相応の意義はあるでしょう。
でもそれはあくまでも第二義的なもの。
スポーツにとっては周辺環境に属する事情です。

スポーツの本質は、アスリート自身が、プレイヤーとして競技をとりおこなう、ソコそのものにあるわけではありませんか!

そう考えれば、
「アスリートが勝手にやっていれば、ソレだけですでに《スポーツをした》こととして成立するものを、なんでわざわざ縁もゆかりもない他人が観てあげなくてはいけないのだろう!?」
 のような物言いも、あながちできなくもなくなってきます。

さて、

いったい私たちはナゼ、スポーツなるものを見に行くのでしょうか?


 BL210927_OnlookSports02.png

この、スポーツをするという営為は、第一義的には観客を必要とせず、アスリートが競技をおこなうだけで成立する、という視点の再確認は、今あらためて重要なのかもしれません。
この考え方をあてることで、逆に、私たちがスポーツ観戦に何を求めているのか、人はスポーツをなぜ「観る」のか?? そういったことを詳らかにしうるわけです。

さらには、第一義的には観客を必要としない、にもかかわらず、観客の存在が自明視されているという現状から、この社会におけるスポーツなるものの位置づけがいかようなものであるのかを浮き彫りにすることができる、とまで述べるのは、さすがに言いすぎでしょうか。

ともあれ、スポーツ社会学か何かの分野で、このあたりの研究は、進めてみる価値がありそうな気はします。


本稿は、あくまでも「《スポーツは第一義的には観客が不要》であることを再確認することで、スポーツについて考察する際の視点の広がりが得られるメリットは存外に大きい」ことを述べているものです。
現に広くおこなわれているスポーツ観戦の意義を否定するものではありません。
スポーツ観戦を愛好する方々を非難する意図もございません。
この点、念のため申し添えます。

◇◇
 BL210927_OnlookSports03.png
◇◇
◎例えば何らかのスポーツを観戦に行くことを「参戦する」と言い表すことも界隈によってはあるとのことです。
ここには、見ることをつうじて自分自身もその競技をする(気分になる)という機序が垣間見えなくもないでしょう。
実際にそのスポーツのプレイヤーでもある人が、プロの高度な技芸を観覧することで、そこに理想の自分を重ねるようなこともあるやもしれません。
すなわち、「見る」だけのことが、自身もまた「する」ことへと、わりとシームレスにつながっている、ということになりますが、こうした考察の視角が、上記の「本来はスポーツに観客は不要」という観点によって、よりシャープになるわけです。


◎さらに、この、スポーツを観戦の場合と同様に、歌手・アイドルなどのライブ・コンサートに行くこともまた「参戦する」と言い表しているファンダムが存在するようです。
この場合も、上述のスポーツの場合と同様に、自身とアイドルらとの一体化、自分自身がアイドル活動をしているような感覚を体験する、そういった動機がライブ・コンサート観覧には潜在していることを窺わせてくれます。
「今日ではアイドルは《なる》ものではなく《する》ものになってきている」みたいな仮説は、アイドル研究としては非常に興味深いところです(が、それはまた別のお話ノ)。
そのことと、この「ライブへ参戦」もまた、かなり密な連関があるのではないでしょうか。


◇◇

◇◇



共通テーマ:スポーツ

佐倉満咲、教育実習でLGBTの授業をする [今週の佐倉満咲]

さて、我が娘・佐倉満咲サンも、今年度、はや大学4年生となりました。

最近では執筆者デビューを果たしたり(!?)、「恋のスタンプラリー」なんていう示唆深いタームを発明(!?!?)したりと、なかなかの活躍ぶりですが、いよいよ就職活動の傍ら、卒業論文執筆などにも取り組む学年と相成ったわけです。

 → 佐倉満咲、NPO法人SEANの会報に寄稿する
 https://stream-tomorine3908.blog.ss-blog.jp/2021-01-25_MisaWpSEAN



ちなみにワタシが「卒業論文の影の指導教官」をさせられるのは、やっぱり不可避みたいですねぇ;

で、
そんな満咲さん、この6月初旬には、標題のとおり教育実習というイベントも発生していました。
必ずしも「先生になりたい!」という希望が確としてあるわけではなかったものの、いちおうは教員免許の取得は目指していたわけです。

かくして実習が始まった満咲センセイ、連日 出身高校へと通っては、授業準備に忙しく取り組んでおられたのですが、ことあるごとに、やおらワタシのもとへやって来ては

「ちょっとこの指導案、これでイイか見てみてくれる?」

……………。

う゛~む
卒論の影の指導教官をさせられるのは想定してましたが、まさか教育実習の影の指導教官役まであるとは、ちょっと油断してましたね。

なにぶんにも社会学系の学部の学生ですから、免許が取れる教科は地歴公民系。
そのへん「お父さん」と同一です。
しかも今般の実習で受け持つことになった授業は政治・経済。
こちらもワタシの高校講師時代に得意だった科目です。

しょうがないので

「……ぅーん、基本的人権ってのはすべての人が生まれながらに等しく持ってる権利で、対価として何らかの義務を必要とするものじゃないわけやん? だから《基本的》って付いてるんやってあたりを、もうちょっとだけ明確にしっかり伝えるようにすべきかな。そのほうが生徒たちも腑に落としやすいはず」

「なるほど~っ!」

みたいなやり取りを、何回かおこなうハメに;

つまるところ、ちょうど日本国憲法の人権をめぐる条文を引きながら、各種の人権問題について学ぶ単元だったようなのですが、その流れで満咲センセイ、おもむろに言い出したところによると

「次の授業では、LGBTの人権の話すんねん!!」

……ぬなっ!!

そーなのか!? やるのか!

というわけで、「教育実習でLGBTの授業」というパワーワードが爆誕しました。

たしかに、生徒たちの立場にあっても、教育実習の先生が来ているという、ある種の印象的な期間に、そうした性の多様性についての授業があるというのは、なかなか有意義と言えます。

「………ぃや、でも、大丈夫か? 勝手にそんな内容入れて」

「べつに勝手にはやってへん。教科書や資料集にも載ってるし」

なんでも本当の指導教官の先生も、そりゃちょうどいい、ぜひやってくれということだったとのこと。

なるほど、これが令和クオリティか!!

「お父さん」が教育実習に行ってた(あまつさえ高校生だった)時代とくらべると隔世の感があります。

そりゃまー大学で授業していても「LGBTの基本は高校で習いました(ので応用編からでイイです)」みたいなことをリアクションペーパーに書いてくる学生が昨今は複数いるくらいな時代なのでさもありなん。

そんなこんなで「教育実習でLGBTの授業」は、生徒たちからも良い反応が得られ、見学に来られた他の先生方からも好評を博して、無事に終えることができたようです。

まずはなにより。

 BL210628_teach-R.png
 (画像はイメージです。出典:いらすとや)◇◇

かくして、実習期間もほどなく満了し、指導教官の先生からも褒められ、生徒たちからはお礼のお手紙などを貰って、ご満悦の満咲センセイなのでした。

「ぅーん、やっぱり先生になろうかなぁ」

「……………」

まぁ向いているかなとは思いますけどね。
むろん、ヘンなところに就職して不向きな仕事で苦労するよりは、気持ちよく働けるほうがずっといい前記事参照)

実際、就活先からは「お祈りメール」もいくつか届いているようですし、さしあたりはかつての「お父さん」のごとく非常勤講師でもしながら、ゆっくり先のことを考えるというのも悪くはないと思います。


  
『女子高生になれなかった少年』には「お父さん」の教育実習の様子が描かれたパートもあります
&『M教師学園』にはその後の高校講師としての真面目な仕事ぶりについてもフィクションに仮託されて描きこまれています

◇◇

余談ながら、満咲が授業で生徒に見せるパワーポイントのデータを作成している様子を覗くと、なかなか器用に上手いこと作っていたので
「へぇ~良い感じにできてるやん。すごいな。ワシが教育実習に行ってたときなんか、こんな上手にパワーポイントのスライド、よぅ作られへんかったデ」
「………はいはい(パワーポイント自体がなかったってネタね;)」
といった心温まる会話もあったりしましたw


◇◇



共通テーマ:学校
前の3件 | -